予約受付開始 DAIWA New 20′ SALTIGAシリーズ

遂にDAIWA最高峰のリール「SALTIGA」が待望のリニューアルとなりました。

従来のSALTIGAよりも各段の性能向上が期待できます。
当店も更なるREELTUNEDカスタマイズを施して販売を開始いたします。
初回販売の予約受付を開始いたします。
2月、3月販売となるSLPスプールRCSアルミノブSLPWマシンカットハンドルも予約受付開始いたします。

20′ SALTIGA8000~20000
¥119,000~129,000(税抜)

TRUTH JAPAN ORIGINAL Beanie (KNIT CAP)


TRUTH JAPAN EXECUTIVE MEMBER`S 様のみの限定販売
本体価格:3,900 円 フリーサイズ
オーダー締め切りは 1 月 19 日までとなります。
納期は 2 月上旬予定です。

ケーブル編みで厚みがあり、どんなスタイルにも合わせやすい定番ニット。
TRUTH JAPAN3D 刺繍入りになります。
(実際にフィールドで着用後、何度も洗濯しても型崩れなし。)

カラー *( )内はロゴカラーです。
ブラック(ホワイト)
ダークグレー(ホワイト)
グレー(ブラック)
ホワイト(グレー)
カーキ(ブラック)
バーガンディ(グレー)
レッド(グレー)

追加入荷! TRUTH JAPAN OcceanSprinter838

初回発売より完売続きとなっていたOcceanSprinter838
今回、追加生産のOS838が入荷しました。
言うまでもなく、昨年までの実績から様々な魚へのアプローチをお試しください!

■コンセプト
TOPプロダクトロッドオフショアキャスティングOceanSprinter 838
キャスト・操作の「軽快さ」と掛けてからの「粘り」の両立。

GTゲームはもちろん、ヘビータックルを用いたヒラマサキャスティング、50キロまでのマグロ類まで。
PE8使用のキャスティングゲームにはまずこの一本!  
OceanSprinter シリーズ共に共通して言える開発コンセプトは、魚の取りやすさと竿本来のリフトパワーを一番に考えております。
大型魚との出会いは突然やってきます。
高負荷でも止めることが出来ない程の力強い走り。
その大型魚をキャッチするためには、「粘り」と「素直なベンドカーブ」が必要だと考えます。
時化や激流シャロー域ではなおさらです。負荷がかかるにつれ素直なベンドカーブを描き、魚に対し急激なテンションの変化を与えないように設計しております。
このようにすることでアングラーに対しても負荷の変動が少なくなり、終始安定したプレッシャーを魚にかけ続ける事ができます。またこれらを実現したことによりキャストに関しても素晴らしい性能を得ることができ、小型から大型のルアーまで体の負担を驚くほど軽減することが可能になりました。

■スペック
8ft3inch レギュラー(若干スロー気味)テーパー
ロッド自重:385g  推奨リール:STELLA 14000XG (STELLA18000HG SALTIGA5500・6000対応) 
推奨ライン : PE6~8 (適正ドラグ負荷~13キロ)
推奨使用ルアー:80g~220g  ルアーの種類を選びません
ダイビングペンシル ダイビングポッパー(流れが速い場所でも絡ませやすい しゃくれ/NativeWorks Napalm220) ポッパー(例:HAMMMERHEAD社 Dcupまで使用可能ですが、弾くようなフィーリングではなく、水に絡ませる使用感です。小口径ポッパーの水絡みや操作感も抜群です。)

上級者まで幅広く扱える汎用性が高いモデル。
一日中楽に投げ、操作することが可能です。胴に乗るようなフィーリングですが、キャスト時の気になるティップのブレはありませんので、アゲインストの釣りでも快適で(~130g)
キャスト時はシャープでありながらも、ルアーを乗せやすい調子で、200g近いルアーのキャストが驚くほど楽で200gでも一日中キャストを続けることが可能です。
ファイトでは、GTの引きを柔軟に受け止めながらも、プレッシャーを常に与え続けますので、非常に楽に上げることが可能です。
GT以外にもマグロ類の50キロクラスまで、大型ヒラマサにも対応可能な懐が非常に広いモデルです。

■ガイド仕様
ガイド:T-MNST16/T-KWSG16 2個/T-KWSG20/T-KWSG25/PMNSG30/PMNSG40

チタンフレームとステンフレームのコンビになります。
負荷がかからないセクションは、チタンガイドを使用し、更に考慮しアンダーラッピングを排除。
バットセクションの負荷がかかるセクションは、ステンガイドを使用し、アンダーラッピングを施しました。
より軽快にシャープに、そしてより安心できる仕様となっております。

■グリップ仕様
EVAは全体的に細身の仕様となっております。
硬度と精度が高いEVAを使用することで、可能にしました。

■シート:DPS20LD UP

<スペック>
全長:8ft3inch
継数:グリップジョイント
仕舞寸法:1810mm
自重:385g
先径/元径:3.0mm / 17mm
ルアー重量:推奨使用ルアー:80g~220g(ルアーの種類を選びません)
ラインPE(号):6-8

¥81,000(税抜)


北限激流シャローのGTも
不意打ちのデカマサも
ショアからの50kgオーバーGTも
吐噶喇の強烈な引きのGTも

新春祭 1月4日、5日限定

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
たくさんのお客様との出逢い支えられ、心より感謝申しあげます。
本年も変わらぬお引き立て、一層のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

2019 大忘年会開催のご案内(土曜、日曜 2回開催)

今年も余すこと残りわずかとなりました。

季節変動も著しく、環境の変化でターゲットフィッシュや釣果も随分変わり果てた一年でした。
そんななか、皆様のフィッシングライフにおける「感動」と「喜び」を共感し親睦をはかりたいと思います。

つきましては、日頃からお世話になっている皆様をお招きし恒例の大忘年会を下記の通り開催いたします。

ご多忙中の折とは作じますが、何とぞお誘いあわせの上ご来場賜りますようお願い申しあげます。

なお、お手数でございますが12月10日(月)までに出欠をお知らせ下さい。

<PART1 土曜参加者>

日時:12月14日(土曜)

START:18:30~21:00

会場:カルデラ食堂
〒662-0812 兵庫県西宮市甲東園1丁目2-37 レマン甲東104
※甲東園郵便局右隣

TEL:0798-31-6774

会費:¥5,500(税込)
コース、飲み放題

大抽選会:取扱いメーカー様からの非売品等の協賛あり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<PART2 日曜参加者>

日時:12月22日(日曜)

START:18:30~21:00

会場:カルデラ食堂
〒662-0812 兵庫県西宮市甲東園1丁目2-37 レマン甲東104
※甲東園郵便局右隣

会費:¥5,500(税込)
コース、飲み放題

大抽選会:取扱いメーカー様からの非売品等の協賛あり

TRUTH JAPAN BLACK ADDICTION 1011

細身で軽量・高反発でありながら、掛けてからの粘りを持ち併せたヒラスズキモデル。
大型にも余裕で対応できるバットの安心感。
足場が高い場所、荒磯での使用に。
青物・大型真鯛が混じるポイントでの使用にも適しています。
Length : 10ft11inch
Section : 2pc(逆並継)
Line : ~PE2
Lure : ~50g
Guide : TITANIUM TORZITE
T-KGTT7/T-KTTG7×3/T-KTTG8×1/T-KTTG10×1/T-KLTG12×1/T-KLTG20×1/T-
KWTG30×1

Seet:DPS18LD ダウンロック
Price:¥81,500-(本体価格)

■開発コンセプト
・サラシの条件となる強い向かい風を切り、ルアーをポイントまで送り込むためのシャープで高反発なブランクで、風の抵抗を少なくするための細身のブランクであること。
・過酷なフィールドの中、疲れを軽減するための軽くバランスがとれた設定。
・セレクティブな状況下で多用する小型(80mm サイズのミノー)から、大型(40g前後
のシンキングペンシルやトッププラグ)に対応できるキャスト性能。
・うねりを伴うサラシの中でも大型ヒラスズキをしっかりと誘導できるバットパワー、そして超高弾性ブランクでありながらも、可能な限り無理がきくブランク破断強度の実現。
2019 年1月から上記コンセプトを元に、ヒラスズキはもちろんサラシ以外のフィールドでは青物や激流の真鯛、タマン、カスミアジまで様々な魚種を相手に、数名の協力者のもと、急ピッチでフィールドテストを繰り返し行いました。
「1011」TESTNo.1 は開発コンセプトに対し完成度が高いブランクでした。
しかし、更なるシャープさと若干のパワーUP を求め改良を決意。設計者との相談の上
TESTNo.2 を制作。
ブランク重量はたったの 4g 増しでありながら、テーパーが上がり要望通りパワーUP した調子に仕上がりました。
早速ヒラスズキや青物の実釣を繰り返し No.1 と No.2 を比較した結果、キャストフィーリング、パワーバランス等ヒラスズキ専用ロッドとしては No.1 が適切であることを確信。
自信をもって No.1 に決定することになりました。
残すはほんの少し気になっているガイド設定の調整とシートサイズの決定(18 か 20 か?)のみとなっておりましたが、2019 年 9 月の甑島遠征テスト釣行ですべてが解消され、決定
となりました。
TRUTH JAPAN がヒラスズキゲームに求める素晴らしいブランクが完成。
この素晴らしいブランク性能を十分に発揮できるように、ガイドはチタンフレームトルザイトリングを採用(荒磯使用での強度試験は十分にクリアー)。また高硬度 EVA を使用し、リアグリップセンター部は可能な限りシャープなシェイプ形状を実現しました。
アルミパーツやスレッド等の飾りを排除し、機能性だけを追求した仕様となっております。

■105 と 1011 の比較
足場の高い場所や荒磯での使用、青物が多いポイントでは 1011 が重宝します。
同じ素材を使用していますが、ほんの少しのレングスの違いで、使用感も変わります。
1011 の方がよりタメがきくフィーリングとなっております。
大時化の日や、超大型との対戦時、アングラーの技量を超える状況下では、ロッドの「タメ」
が助けてくれます。
(注:超高弾性ブランク構成の為、取り扱いには十分にご注意ください。)

■Facebook テスト釣果の一部
https://www.facebook.com/pg/truthjapan/photos/?tab=album&album_id=4131535692631
08
YouTube テスト釣行
https://youtu.be/bN2er8I67Gs


TRUTH JAPAN BLACK ADDICTION 105

”黒い影を求めてサラシに向かう中毒者”へ捧げる一本です。

過酷なフィールドに足繁く通い、多種の魚を掛け、度重ねるトライ&エラーから完成した”真実”のロッドです。
この軽さ、飛距離、感度、曲がる許容力を堪能下さい!

Length : 10ft5inch
Section : 2pc(逆並継)
Line : ~PE2
Lure : ~45g
Guide : TITANIUM TORZITE
T-KGTT7/T-KTTG7×3/T-KTTG8×1/T-KTTG10×1/T-KLTG12×1/T-KLTG20×1/T-KWTG30×1

Weight : 214g(#1:41g #2:173g)
Price:¥80,500-(本体価格)

<開発コンセプト>
・サラシの条件となる強い向かい風を切り、ルアーをポイントまで送り込むためのシャープ
で高反発なブランクで、風の抵抗を少なくするための細身のブランクであること。
・過酷なフィールドの中、疲れを軽減するための軽くバランスがとれた設定。
・セレクティブな状況下で多用する小型(80mm サイズのミノー)から、大型(40g前後
のシンキングペンシルやトッププラグ)に対応できるキャスト性能。
・うねりを伴うサラシの中でも大型ヒラスズキをしっかりと誘導できるバットパワー、 そして超高弾性ブランクでありながらも、可能な限り無理がきくブランク破断強度の実現。

2019 年1月から上記コンセプトを元に、ヒラスズキはもちろんサラシ以外のフィールドでは青物や激流の真鯛、タマンまで様々な魚種を相手に、数名の協力者のもと、急ピッチでフィールドテストを繰り返し行いました。「105」においては、テスト No.1 から開発コンセプトに対し素晴らしい完成度であり、多数の魚達とのファイトを試みましたが改良の余地が見つからず、非常に軽快でシャープでありながらも、パワーと独自の粘りを併せ持つロッドになりました。

TRUTH JAPAN OcceanSprinter844

Length : 8ft4inch
Line : Pe3~4
Lure : 20~90g (一番快適なのは 60g 前後)
ロッド自重(プロト):295g (#1:103g グリップ:192g)
ガイド:T-MNST10/T-KWSG10×2/T-KWSG12/T-KWSG16/T-KWSG20/MNSG25/MNSG40
シート:DPS20LD ダウンロック
グリップ:EVA (フロント:130mm リア:340mm +BRC22)
適合リール:S 社 6000/8000 D 社 4000/5000

本体価格:75,000 円(税抜)
※Over Head Modelは限定生産となります。

<開発コンセプト>
PE3/4 を使用した快適なキャスティングモデル。
ナブラ打ち時によくあるアゲインストでのキャスティングでもしっかりルアーをお送り込めるシャープさと、掛けてからの無理がないベントカーブを両立し、テンションをキープしやすく常にターゲットにプイレッシャーを与え続ける事が可能です。
ターゲットは、カツオ~キハダマグロ 30 キロクラス、ブリ、ライトタックルでのヒラマサの誘い出しにも重宝するモデルです。
リアグリップは取り回しを考え、856 と比べるとバランス的にも少々短めに設定しております。(短く感じられた方で、リールシートを上げるなどのカスタムを行っても、ライントラブルやラインの叩きを発生しにくいストリッピングガイド(バットガイド)の位置設定を行っております。)
2018 年夏よりテスト開発をはじめ 2 度の改良を加えたブランクは、素晴らしいキャスト性能と操作性、そして軽快さを実現することができました。 すでに使用された方々より高い評価を頂いているモデルです。
OceanSprinter 856 のライトモデル的なフィーリングになります。

黒潮のメカニズム(Newtonより)

釣りは本能に従うままに楽しむのが一番なんですが、たまには学術的な知識も役に立ちそうです。

ご紹介するのは「Newton 8月号)P.120、P.121に掲載されている”黒潮”

世界最強の海流の一つ、秒速2mに達する速さ。

「黒潮ができるしくみ」や「黒潮の三つの流路」で大蛇行の問題も分かりやすく説明。

キハダマグロの当たり年、大蛇行のハズレ年もよく理解できる。

トカラ海峡を抜けるこの海流を泳ぐ魚は間違いなく逞しい。

だからこそ薩南エリア、トカラ列島に魅力を感じてしまう。

おまけでP.110 ~P.117には「寄生生物」をテーマに「クルクルイワシ」の現象でカタクチイワシを操作する寄生体の説明も理解できます。

是非、ご参照下さい。